セルライト除去は自宅でできる.jp>部位別セルライト解消法>背中

背中のセルライトを自分で除去するには?

セルライトが背中にまでできてしまって困っていませんか?

セルライトは基本的には、脂肪が多く冷えやすい場所にできます。
下半身おなか二の腕など、脂肪がつきやすい場所にはセルライトも多いですよね。


セルライトというのは、脂肪細胞が変化したものです。

脂肪細胞の周りに老廃物などが絡みついた状態がセルライトなので、
脂肪が多くなくても、脂肪のあるところならセルライトはどこにでもできるものです。

背中にセルライトができるのも、珍しいことではありません。


背中はもともと脂肪は少ない場所ですが、太ってくると
下着が食い込むようになったり、後姿が丸くなってしまいますよね。

脂肪がある場所ならどこにでもセルライトはできるのですが、
冷え性の人は特にセルライトができやすくなってしまいます。

冷え性の人というのは、運動不足や偏った食生活などにより血行が悪くなっています。

血行が悪くなると老廃物が体内に溜まりやすくなってしまい、
その溜まった老廃物がセルライトになってしまうのです。

背中のセルライトに気付いたら・・・

【マッサージ】

では、背中にセルライトができてしまったらどうすれば良いのでしょうか?

セルライトを解消するためにはマッサージが必要だと言われています。
でも、背中なんてマッサージできる気がしませんよね。


試しに、手を背中に回してみてください。

運動不足の人の場合は関節が固くなっていて背中に手が届かない人もいるかもしれません。
でも、まったく届かないということはないですよね。

はじめは届く範囲だけでも良いので、マッサージするようにしてみましょう。


毎日マッサージをしているうちに関節も柔らかくなってくるものなので、
徐々に広範囲をマッサージできるようになりますよ。

マッサージするときには両手を使うよりも、片手ずつマッサージした方がやりやすいと思います。
右手で左の背中を、左手で右の背中をマッサージするようにしましょう。


【エクササイズ】

また、背中を鍛えるエクササイズをするのもおすすめです。

まず、両手両ひざをついて、四つんばいの格好になります。
そして、右手と左足を床に水平になるように伸ばします。
元の姿勢に戻したら今度は左手と右足を水平に伸ばします。

これを繰り返すことによって背中から腰にかけての筋肉が鍛えられますよ。
10~20回を2~3セットおこなうようにしましょう。


背中のセルライトもきちんとケアしていけば解消できます。

セルライト対策は効果が実感できまでに時間がかかるので
挫折してしまいがちですが、あきらめずにがんばりましょうね。





前へ ぶるぶるした二の腕のセルライトを解消したい!