セルライト除去は自宅でできる.jp>セルライトの基礎知識>セルライトの潰し方

セルライトの潰し方をマスターしよう!!

セルライトを潰すためには、マッサージがとても大切になってきます。

自宅でセルライト解消をするためのアイテムは色々な種類がありますが、
その中でもおすすめしたいのはクリームです。


すべりが良くなることでマッサージもしやすいですし、マッサージ効果もアップします。

市販のものを買うのはもったいないという方は、自分で作れる
塩ミルククリームの作り方も紹介しているので、参考にしてみてください。


クリームを手に取り、身体に塗ってマッサージを行います。
このとき、身体が温まっているほうがセルライト解消には効果的ですので、
入浴後などに行うのがよいでしょう。

セルライトマッサージ

【ふともも編】

痩せている人も多く悩むのがふともものセルライトではないでしょうか。
まず、ふともものセルライトマッサージを紹介します。

床に座ってマッサージするほうの脚を上にして組み、ももの外側が見える状態にします。
両手を使い、外ももの肉をつかんでは離すという動作を何点かに分けてまんべんなく行います。


次に両手をにぎりこぶしにした状態で外もものひざ横に置き、
脚の付け根に向けてすべらせながらさすります。

それがまんべんなく終わったら、外ももに両手を開いておき、
交互に上下に動かせながら揉み解していきます。

最後に全体を軽く叩いて引き締めます。

【お腹編】

では、最もセルライトの気になる部分の1つである、お腹のセルライトを解消させましょう。

お腹にたっぷりとクリームを塗ります。
両手をお腹の中心部に当ててください。

そのまま時計回りに円を描くように撫でましょう。
特にセルライトの気になる部分は力を入れるといいです。


円はだんだん大きくなるように描いていき、この動作を3回~5回ほど行ってください。
その後、おへその少し上辺りから、下に向かって手をおろすようにしてさすります。

3回~5回ほど行いましょう。


お腹のマッサージは、セルライト解消に効果があるのはもちろんですが、
腸の働きがよくなるために、便秘解消にも役立ちます。

また、リラックス効果もあり、内臓器官全体の活性化にもつながるため、
太りにくい身体へと導いてくれます。


セルライトの潰し方で注意する点としては、
力を入れすぎないことと、食後すぐのマッサージは避けるということです。

中でも、お腹は思っている以上にデリケートな箇所ですので、
初めてする場合には優しくし、回数やかける時間も短めにしましょう。

慣れてきたら、少しずつ力を入れていくようにしてください。


前へ セルライトの取り方~自分でできるセルライト解消法